FF7R INTERGRADE 2021年6月10日発売決定 ユフィが主人公の新規エピソードが追加など

スクウェア・エニックスは2021年2月26日に「State of Play」にて、PlayStation5用ソフト「FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE」を、2021年6月10日に発売すると発表。

2020年に発売された「FINAL FANTASY VII REMAKE」のPS5版で、「ユフィ」を主人公に描いた物語が追加されるほか、PS5に合わせた表現力の向上が図られるそうです。

価格は通常版が9,878円(税込)、デジタルデラックスエディションが11,501円(税込)です。

追加・変更点

FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEの追加・変更点は次の通りです。

  • ユフィをメインにした新規エピソードが追加
  • ライティングや質感、背景など表現力が向上
  • 4K画質のグラフィックモード、60fpsのパフォーマンスモードが切り替え可能
  • ゲーム内のワンシーンを思い出として撮影可能なフォトモードを追加

ユフィのエピソードは2章構成

ユフィのエピソードは2章で構成されるようです。

ミッドガルに潜入したウータイのシノビたちが本家のアバランチと共謀し、神羅カンパニーから究極マテリアを盗み出すためのミッションに挑むという内容になっていみたい。

本編とどう絡んだ話なのかいまからワクワクしています。

スポーサードリンク

4K画質のグラフィックモード、60fpsのパフォーマンスモードが切り替

PS5へとハードが移り変わることで、ライティングや質感、背景などの表現力が向上しよりリッチなゲーム体験を楽しめるのが特徴。

4K画質による高解像度を重視したグラフィックモード、60fpsによるスムーズな動作を重視したパフォーマンスモードといったゲームモードの切り替えができるようになっています。

グラフィックモードの画像

正直なところ画像だけではよくわかりません。

スポーサードリンク

PS4版からのアップグレードにも対応

FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEPlayStation4版FINAL FANTASY VII REMAKEからのアップグレードにも対応しているようです。

アップグレードの費用は税込み100円、ユフィのエピソードは有料DLC扱いで税込み2,178円です。

ディスク版からのアップグレードには、当たり前の話ですがディスクドライブ搭載のPlayStation5本体が必要です。

PlayStation4版FINAL FANTASY VII REMAKEをお持ちの方は、2,278円で、アップグレードできるということです。

デジタルデラックスエディション特典

デジタルデラックスエディションのセット内容は次の通りです。

  • 【本編】『FINAL FANTASY VII REMAKE』 PlayStation5 版
  • 【追加エピソード】ユフィの新規エピソード
  • 【特典アイテム】デジタルアートブック/デジタルミニサウンドトラック

その他、PS Store予約特典としてユフィの武器シュリケンダーが付属します。

このアイテムはPS Storeの予約期間が終了後、有償で販売されるとのこと。

通常版とデジタルデラックス版の差額は1,623円 デジタルアートブックとデジタルミニサウンドトラックが1,623円ということです。

微妙な値段です。

スポーサードリンク

FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEを買うよりも重要な問題

FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEとしてPlayStation5で新しくよりFINAL FANTASY VIIでるのは嬉しいことです。

しかし、現時点でとても重要な問題を抱えています。

あなたも気付いているとは思いますが、プラットフォームとなるゲーム機本体PlayStation5が今も品薄で手に入りにくい状態が続いています。

この記事を書いている(2021年2月27日)時点であと2か月と10日の間にこの品薄問題が解決されるのか?

これは非常に重要なことだと思います。

以前はただ、品薄という問題だけでしたが、多少落ち着いたとはいえ転売屋によって価格を吊り上げ問題、さらに転売屋が買い占めることで更に品薄という悪循環が続いています。

転売屋が成り立つ理由に需要と供給のバランスが崩れて、需要過多のために値段が高騰しても高額な費用を払っても買う人がいるということ。

僕は転売自身は悪いとは思っていません。

メーカーから問屋が仕入れて、量販店に卸すのも一種の転売だからです。

また安く仕入れて高く売るのは商売の基本です。

さらに言えば、現時点で転売屋がPlayStation5を高値で販売しても売れるのはある種の適正な価格だということです。

僕自身は、PlayStation5が店頭に並ぶようになってからFINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEは購入しようかなと思っています。

場合によっては、中古でもいいかなと思います。

 

今回の記事いかがだったでしょうか?

あなたのお役にたったらうれしいです。