引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

あなたが引き寄せられない理由!自分で考えない

あなたが引き寄せられない理由!自分で考えない

この記事は約 5 分30秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]


スポンサーリンク

こんな質問がありました。

先日の事ですが、こんな質問をいただきました。

「先日、メルカリで願い事が叶うアメを購入しました。見た目がかわいかったので飾っておきたいのですが、実際になめないと効果が無いのでしょうか?」

色々調べてみると、そのアメというのが佐藤由美子さんが書いた『シンクロちゃんー一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則』の特典だったようです。

そんなかで質問に出てきたアメというのは、シンクロちゃんがなめているアメという事なんですが、よく読んでみるとアメそのものよりも一緒についていたアファメーションが書かれているカードの方が大事なようです。

これもまた、カードそのものが大事なのではなく、アファメーションの言葉が大事になってきます。

なぜ質問をくださった方が悩むのかという事なんですが、さらに調べてみると、このアメが作られたいきさつというのが、作者の佐藤由美子氏がアファメーションのカードを付けてセミナーなどで配ったところ。

アメを受け取った人たちにシンクロが起こり、いわゆる引き寄せが起きたそうです。

ここからは推測ですが、アメを受け取って願いを叶えた人たちの中にアメをなめたから願いが叶ったといっているひとがいたのだと思います。

ですが一方でアメを受け取ってもなめずにお守りとして持っているだけでも叶った人もいたのではないかと思います。

つまり、アメをなめてもなめなくても願いが叶った人がいるという事です。

これは先ほども書いたようにアメをなめる行為ではなくアファメーションが大事ということになります。

ところで、質問をくださった方はなぜこんな質問をしたのでしょうか?


失敗したくない思いが引き寄せを遠ざける

理由としては、恐らく願いを叶えたい・失敗したくないというような思いがあるからだと思います。

言い方を変えると、今回の場合は購入したアメの効力を心底信じる事ができない。

実際に、アメ自体に効力があるかどうかはわかりません。

しかし願いが叶っている人が多数存在します。

あなたなら、そのアメの効果を信じる事ができますか?

仮に信じたとしても願いが叶わないかもしれません。

ここで多くの人が信じきれない場合が多いようです。

種明かしというわけではないですが、アメを手にして願いが叶った人たちは、願いが叶うと信じてアメをなめたり、アメをお守りにしたので願いが叶いました。

言い換えれば別にアメでなくても願いはかなっただろうと思います。

アメは単純に願い事に意識を向けるためのきっかけに過ぎないという事です。

意識を向けるきっかけになりさえすれば、それが硬貨でもいいですし、下駄でも構いません。

もしかするとあなたも、質問をくださった方と同じように引き寄せたいと思って、開運グッズやスピリチュアル系のグッズなどを買われたりしたことがあるかもしれません。

他にも、引き寄せのワークをいろいろ試しているかもしれません。

そんな中で、何かわからに事が起きたとき僕や引き寄せのセミナー講師や、スピリチュアル系のカウンセラーやセラピスト、ヒーラーの方に質問をすることがあると思います。

そういった中で、僕を含めてセミナー講師やカウンセラー、セラピスト、ヒーラーの先生が思っている「実は・・・」な裏話というか本音があります。

それは、質問内容にたいして、

「知るか!!。自分で考えろ」

です。

本音はそうなんですが、僕らも仕事なので質問に対しては真剣に考え回答を出します。

全ての質問がダメというわけではありません。

質問の中で多いのが今回の質問のように「どうすればいいか?」や「どちらがいいか?」などのあなたが本来選ぶべき決断に関することを質問することです。

この質問をする人たちの奥底には、正解を知りたいや失敗したくないという思いがあります。

あなたの中にも、僕の中にも確かにこういう思いがあります。

しかしこの思いが、あなたが引き寄せを遠ざけている原因でもあります。

引き寄せるために重要な事は自ら思考して選択する事

引き寄せの鍵となることは色々あります。

ワクワクする事や感情など引き寄せを謳っているセミナー講師やセラピストによって表現は様々です。

しかし引き寄せの基本は自ら思考して選択し、行動することです。

ワクワクする事や感情をコントロールするというのは、躊躇なく思考して選択して行動しやすくするための行為に他なりません。

つまり引き寄せたいのであれば自ら思い考え選択し行動しなければ引き寄せが起きるという事は有り得ません。

もしあなたが引き寄せが起きていないという場合に、何かしらの決断を誰かに委ねていませんか?

例えば何かを始めたいという時、誰かに相談して相談相手がそれを止めた場合に止めるというようなことをしていませんか?

逆の場合も有り得ます。

誰かから何かを始めたいと相談を受けた時に相手に止める事を勧めたりしていませんか?

まだまだ仮説でしかありませんが、あなたがやりたい、欲しいという思いは、いくつもあるパラレルワールドの未来の中から、あなたがそれをやった、手に入れた未来からのサインかもしれないという事です。

現状の科学の考え方では未来は複数存在してそれを今のあなたが選んでいるという考え方に変わりつつあります。

これは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のような感じではなく、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」のような感じになります。

どういうことかというと、バック・トゥ・ザ・フューチャーのように歴史が書き換わるのではなく、ターミネーター: 新起動/ジェニシスの場合は、審判の日が起きて人類が絶滅寸前の未来と、審判の日を阻止した未来が同時に存在しているという状態になります。

ネタバレになりますがカイル・リースがどちらの未来の記憶も持っている事で、スカイネットの軌道を阻止することができた未来になります。

劇中でも、歴史の特異点に触れればそういうことが起こり得ると語っています。

これらの事はSFの中だけのことかもしれませんが、かつてはSFだったことも現代では出来るようになってきてる事も事実です。

話がそれましたが、あなたが何かをしたい、何かが欲しいという思いは叶った未来からのサインなのかもしれません。

そのサインを受け取った時、その未来を選ぶか選ばないかの決断を誰かに相談するという事は、誰かに自分の未来を委ねるとうことになります。

あなたはあなたの人生を誰かに委ねてもいいですか?


なぜ?人は誰かに人生を委ねたがる?

人は人生の決断を他者に委ねようとすることがしばしばあります。

自分の人生のはずなのに、誰かに決めてもらいたい。

誰かにOKを出してもらいたい。

あなたにもそんな経験はありませんか?

なぜ人に決めてもらいたいのか?

答えはとても単純です。

責任を取りたくないから。

これがあなたが誰かに決めてもらいたい理由です。

何かを決断して動くということは、万が一失敗した時にその責任を負わなければなりません。

あなた自身が決めて失敗した場合は、あなたが責任を取る必要があります。

だから誰かに責任をなすりつけたい。

そんな思いから誰かに決めてもらったり、同意してもらったり、承認してもらったりしたいのです。

今回の質問をくださった方の場合でも、自分がアメをなめると決断して願いが叶わなかったときの事を無意識に避けたいがために僕に質問してきたのだろうと思います。

そうすれば、願いが叶わなかったときに僕に文句が言えます。

つまり自分では責任を取りたくないという事です。

言い方を変えれば、楽をしたいとも言えます。

他にも、どうすればいいのかと思考し続ける事というのはかなりの労力が必要です。

思考することというのは、最も過酷な労働でもあるそうです。

つまりしんどいことなんです。

最近の引き寄せ系のブログなどで頑張らなくていいとよく書いてますが、思考し続ける事というのはかなり頑張らないと出来ませんよ。

ただ楽しいことや、嬉しいことを考えるというのはそれほどしんどいことではありません。

あなたがこれをどうしても成し遂げたい、手に入れたいと思っている場合はそれほどしんどいことではありません。

ただそれほどでもない場合は、思考する事ってかなりしんどいので誰かにやってもらいたくなります。

しかしここでとても大事な問題が出てきます。

誰かに決めてもらったり、同意してもらったりしていると引き寄せが起きる事というのはほぼないということ。

そしてなんだかんだ言っても最後はあなたが決めた結果に過ぎないということです。

 

最後は自分で決めている

他人にどれだけ相談しても、同意を貰っても、決めてもらったとしても最後の最後、実際に行動に移すことはあなたが決めています。

今回のアメをなめるかなめないかを決めるのは最終的には質問をくださった方です。

仮に僕がなめた方がいいと言ったとしても、それに従うのか?従わないのか?という選択ができます。

僕の回答に従うと決めるのも、従わないと決めるのも質問をくださった方の意思です。

そして決めた結果が、質問をくださった方の意図しない結果であったとしても、それは質問をくださった方が決めて結果に過ぎないという事です。

ここでよく言い訳をされれる方がいます。

「○○さんが、こうしろと言ったから」

そしてここで決まって定番の切り替えしがあると思います。

「じゃあ、○○さんが、死ねと言ったら死ぬのか?」

という質問です。

あなたはこれにはNoと答えるはずです。

どれだけ、人かから何を言われようが最終的に決定しているのはあなただという事です。

咲にも書きましたが、引き寄せの根幹は「思考して、決断して、行動する」です。

この思考の部分を他人に委ねていてはいつまでたっても引き寄せなど起きるはずがありません。

引き寄せたいと思うのであれば、あなたが自ら思考するよう心がけてください。

 

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

引き寄せ力インストールセミナー 受講料 27,000 再受講 無料

開催日 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す