引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

引き寄せがうまくいかない時にチェックする5つのこと

この記事は約 4 分14秒で読むことができす。




スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る





実践してきて氣付いたこと

引き寄せというのがどういうものなのかは、このブログを読んでくださっているあなたに説明は不要だと思います。

シンプルであるがゆえに、なかなかうまくいかないという人も多いようです。

引き寄せというのは一瞬一瞬に起こるものではないかと思います。

なんでも欲しいものを引き寄せ、引き寄せマスターとして天寿をまっとうした人とか引き寄せをマスターした結果、新たな宇宙を創り出したという人なんて聞いたことないでよね。

言い換えれば完成形がなく、どれだけ成功した人でも現在進行形で学び続け検証しながら実践しているそうです。

いまだ仮説の域を出ない分野の科学であり、また哲学でもあります。

僕なりに実践してきた中でいくつかのチェックするべき要点はわかってきました。

ただ万人に通じるものかはわかりませんが、参考になればと思います。

スポーサードリンク

引き寄せがうまくいかない時にチェックする5つのこと

1.特定のものや人を引き寄せようとしている

引き寄せがうまくいかないと感じるとき。

ほとんどの場合そもそも引き寄せたいモノが間違っているということがよくあります。

引き寄せって、実は「特定の物や人を引き寄せる」というのには向いていません。

これはあくまで引き寄せているのはエネルギーだからです。

そして本来エネルギーは、特定の形は持っていません。

たとえばとても好きな人がいて、その人を引き寄せたいと思ったとします。

当然のことですが、他の人が引き寄せてしまっては話にならないですよね。

けれどここに引き寄せの落とし穴が、潜んでいるです。

うまく引き寄せられない場合、本当に残念なことになってしまうのですが、その人や特定のものと、あなたとの波長が合っていない場合があります。

そういう時ってほんとツライ思いや苦しい思いをすることが多いんです。

それよりもあなたと波長が合っている人やものを引き寄せてあなたらしく生きる方が結果的になりますが、楽しく幸せな人生を遅れます。

どうしてもうまくいかない場合、引き寄せたいモノが自分の波長と合っているか見直してみてください。

スポーサードリンク

2.自信のないものを引き寄せようとしている

これは自信の無さ自体が確実に障害になります。

これを解決するにはなぜ自信がものてないのか?

その理由を見つけることが解決への糸口になります。

仕事で成功したい場合、どこかで自分にはムリと思ってしまっている。

なぜムリだと思う理由に焦点を当てて考えてみてください。

スキルや経験がない、もしくは他に足りないものがあるかもしれない。

自分はあまり運が良くないからなど色々な理由や言い訳が思い浮かんでくると思います。

しかしスキルが全然なくても成功している人はいますよね。

その人たちとあなたと何が違うのでしょうか?

何も違いません。

同じ人げです。

他の人にできて、あなたにできない理由はありません。

出来ない理由を一つひとつあなた自身の手で潰していきます。

叶わないという思いを持って不安や悲しみをもつことは引き寄せにとってよくないことです。

どうしても自信がものてないのであれば、小さなことから引き寄せて徐々に良くなる流れを作っていきましょう。

3.シンクロニシティや引き寄せのサインを探し過ぎている

シンクロシティや引き寄せのサインばかりを探してしまうのは、引き寄せ初心者によくあることです。

見つかれば安心して、見つからなければ不安になる。

結果的にそのことで氣分が浮き沈みしてしまってはあまりいいとはいえません。

ある程度、引き寄せのコツをつかめるようになってきた方はわかると思いますが、サインやシンクロニシティなどなくてもいきなり現実化するというのはよくあることです。

サインやシンクロニシティを探しすぎて疲れるくらいなら、一旦やめてしまいましょう。やめたからって願いが叶わないなんてことはまったくなくて、宇宙やお天道様さまはちゃんと見守ってくれてます。

スポーサードリンク

4.考えすぎ・思いつめすぎ

引き寄せの方法って現代は様々な流派みたいなものがあるんです。

やりたいことリストやビジョンボードを毎日眺め、常に意識を向けるのがいいという人もいます。

ただこの手のツールの使い方って意外に難しいというか面倒なことが多くて、願い叶った自分を想像して波動を高めるのに使うのならいいんですが、自分のリストやビジョンに執着しすぎるとかえってダメになりやすいです。

なぜならリストやビジョンに縛られて可能性が小さくなってしまって、エネルギーの流れが滞らせてしまいます。

可能性を小さくするというのは引き寄せにとってマイナスになってもプラスにはなりません。

うまくいかなかったと時に辛くなるのは信じていたのに叶わなかったという喪失感を抱いてしまうからです。

苦しいやツライという思いは、引き寄せにとってはマイナスにしかなりません。

うまくいかないと思うぐらいなら、一旦忘れてしまってください。

大丈夫です。もっと大きなものになって帰ってきますから。

5.実はすでに引き寄せているのに、気付いていない

特定のものや人を引き寄せたい気持ちが強い時に、同等のものをすでに引き寄せているのに、まったく氣づかないというのはよくあることです。

たとえば愛のある家庭を、築いて経済的にな不自由のない暮らしをしたいという願いがあった場合。

家庭を築くとイメージするとどうしても結婚をイメージしますが、結婚だけが愛のある家庭ではありません。

周り見渡してみたとき、家族や仲のよい友人に囲まれ愛に満ちた生活が送れているということはよくあります。

あなたを支えてくれている人がたくさんいることに氣付けばすでに願いが叶っていたということになります。

見方をければ願いが叶っている。本当の願いが叶っているということはよくあることです。

引き寄せというのは、わらしべ長者のようなところがあり、小さな引き寄せを重ねて大きくしていく流れを作るとだんだんと大きなモノを引き寄せられるようになってきます。

一見ピンとこないような出来事でも、あとあとそれが深い望みにつながるなんてことはたくさんあります。

どうやれば叶うの?

僕のオススメは、願い事や願望を書き出したら一旦忘れて、あなたのやりたいことや好きなこと得意なことをして、日々を楽しく暮らすことです。

そうするとあなたの周りに楽しいことやいいことが集まってきます。

そんな中であなたが本当に望んでいることがだんだん見えてくるというか氣がつくようになってきます。

それに氣が付くと引き寄せ力が急激に加速します。

願い事手帖を作ったりするのはオススメですね。

引き寄せはまだまだ、量子力学などで理論はある程度確立されつつありますが誰も仕組みを証明できていないものです。

うまくいけばラッキーなんですが、うまくいかない場合はアンラッキーというわけでもないので氣にする必要はありません。

今はとにかく、やることはちゃんとやって楽しむことを優先してみてください。

 

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

こちらをクリックいただけますと今後の励みになります。

 

 




個人セッションの詳細を見る

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す