まずはSave wizard(セーブウィザード)をインストールしよう

インストール方法については「SaveWizardの購入からインストールするまでの方法」を参照してください。

インストール方法の記事にも書いていますが購入時にオンライン版を買わないようにしましょう。

10ドル(約1000円)安いからとケチらないように

スポーサードリンク

用意するもの

  • PS4本体
  • ゲームソフト
  • セーブデータ
  • USBメモリ2本
  • Save wizard(セーブウィザード)

用意するものはこれだけです。

中には当たり前のものも書いてます。

PS4本体からセーブデータをUSBメモリに移動する

まずはセーブデータをPCに移さなければならないのでUSBメモリにPS4本体からセーブデータをコピーする必要があります。

用意するものでUSBメモリを2本としているのは、改造コードを適用した時にゲームが止まってしまうことがたまに起きるのでバックアップとして2本にコピーします。

普通にゲームに2個セーブすればと思うかもしれませんが、ゲームによってはゲーム上では複数にセーブできるけどセーブデータのファイルは一つということがあります。

そうなると万が一のことが起きた時にどうすることもできなくなります。※テイルズオブアライズやドラゴンクエスXIは確か一つのファイルでした。

本体のセーブデータをUSBメモリにコピーするにはUSBメモリをPS4のUSBに差し込み。

PS4の設定画面を開きます。

次にアプリケーションセーブデータ管理を開きます。※少し下にスクロールさせてください。

次に本体ストレージのセーブデータを選びます。

USBストレージ機器にコピーするを選びます。

本体に保存されているゲーム名が表示されるのでコードを適用したいゲームを選んでください。※今回は例としてスーパーロボット大戦30を選択します。

次に保存されているセーブデータ表示されます。※ゲームやセーブの状況によって複数表示されます。
スーパーロボット大戦の場合システムデータやBGMデータ、戦略フェイズデータと複数あります。
改造コードが適用できるのは基本的に戦略データです。

セーブデータを選んでコピーを押すとデータのコピーが始まります。※同じセーブデータがすでにUSBメモリ内にある場合は上書きするかどうかの確認が出ますが上書きで構いません。

これでUSBメモリへのコピーは完了です。

念のためもう一本のUSBメモリに同じ要領でバックアップを取っておきます。

次ページで改造コードの追加と適用方法を解説していきます。

次ページへ

スポーサードリンク

他のゲームの改造コードとセーブウィザードの使い方

Save Wizard(セーブウィザードの導入方法)
Save Wizardの使い方
スーパーロボット大戦30
スーパーロボット大戦T
聖剣伝説3 TRIALS OF MANA PS4
テイルズオブヴェスペリア
テイルズオブゼスティリア
テイルズオブアライズ
ドラゴンクエストIII そして伝説へ
ドラゴンクエストXI S 過ぎ去りし時を求めて 
ファイナルファンタジー7
ファイナルファンタジー7リメイク