引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

妄想よりも理想を

この記事は約 1 分8秒で読むことができす。

スポンサーリンク

妄想の意味を知る

引き寄せでイメージングを時として妄想と表現することがありますが、僕は、この表現があまり好きではありません。

それは「妄」に「道理がわからない。筋道がなく、でたらめ。」という意味があるからなんです。

妄想って道理がわからない、筋道のない、デタラメな想像ってことになります。

ちょっと考えて欲しいんです。あなたの夢や目標、欲しいモノって道理がわからない、筋道のない、デタラメなモノ何ですか?

きっと違うはずですよね。

もし、引き寄せのセミナーとかブログで「妄想したらいいんですよ」とか言われて素直に妄想してたら、いつまでたっても引き寄せなんて起きるわけないですよ。

妄想は道理がわからない、筋道のない、デタラメな想像なんですから

妄想はとっととやめちゃいましょう。


理想を持つ

ではどうすればいいか?ということになってきますが同じ想像をするなら「理想」がいいのではと思います。

理想というのは「人が心に描き求め続ける」「それ以上望むところのない完全なもの」、「そうあってほしい」と思う最高の状態であること。又は理性によって考えうる最も完全な状態であり、実現したいと願う最善の目標あるいは状態のことだそです。

あなたが心に描き求める一番いい状態が「理想」なわけですがから、引き寄せたいものというのは、理想の状態のはずですね。

だったら、妄想するよりも理想を心に留めておく方がいいと思いませんか?

これからは

妄想するより理想を心に

でいきませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます

感謝感謝

 

 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す