引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

願いを叶える方法 誰かに伝える

この記事は約 1 分56秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]




スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る



夢や願いを叶えている人の共通点

夢や願いを次々と叶え、「引き寄せ」も起こされている方には共通点があります。

まず自分自身がいいと思ったことは実践します。

そしてそれがいいことであると確信したら周りの人に教えるということです。

夢を叶えている人は、いいことや嬉しいことを独占することはありません。

例えばとても雰囲気のよい趣のあるお店を見つけたら嬉しくなりませんか?

さらに何度か通ってみるてその良さを実感することが大事です。

そして実感できるようになったら自分だけと独り占めしてしまうか友人や知人に教えるかの違いです。

スポンサーリンク

スポーサードリンク

シェアすることが夢や願いを叶える鍵になる

夢や願いを叶えるカギになっていることがみんなと共有するということです。

学んだことや知り得た情報を「伝えれば伝えるほど」あなたの引き寄せは加速していきます。

インプットだけでなくアウトプットすることが大事です。

ただ勘違いしてはいけないことがあります。

学んだことや知り得た情報を必ずしも無料でアウトプットすることはありません。

正当な対価を払って得たことは、正当な対価をもらって伝えることは決して悪いことではありません。

今は情報はインターネットやTVから無料で入手できると思っている人がほとんどだと思います。

多くのことはググれば大半は入手できます。

けれどそのあなたが知り得た情報もあなたはキチンと対価を払っています。

ただその対価は情報提供者に支払っているわけではないので氣付きにくいんです。

あなたは通信料という対価を支払うことでその情報を購入しているんです。

TVに関してもあなたの代わりにスポンサーという形で企業が対価を払ってくれているから番組から情報を得ることができています。

NHKやケーブルテレビの場合は直接対価を払う形なのでわかりやすいと思います。

ですからあなたが誰かに何かを伝える時、無償で提供をする必要はありません。

しかし情報を伝え始める頃は無償で伝えていくことも時として重要ことでもあるので全部が全部対価をいただいてもいいというわけでもないのも事実です。

このことは有料コンテンツ「引き寄せ効果の出る方法」の「徳積みの四段階」で詳しくを伝えしています。



伝えることで引き寄せが加速するのかというのは、引き寄せや自己啓発のセミナー講師をみていただければわかると思います。

彼らが今尚引き寄せ続けているのは、ブログやメルマガ、セミナーなどを通してあなたに常に伝え続けているからに他なりません。

いい情報はみんなで共有する、

これを重ねることで人生の階段も共に上がっていきます。

 

 

あなたも誰かに伝えることから初めてみませんか?あなたが更に幸せになるために
今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
こちらをクリックいただけますと今後の励みになります。

 



この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す