引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

新型コロナウイルス デマに踊らされないで

新型コロナウイルス デマに踊らされないで

この記事は約 3 分46秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]

スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る

2020年3月2日から全国でほぼ一斉に小中高が休校になりました。

デマに踊らされる日本人

新型コロナに関連するデマ

  • お湯を飲めば感染が防げる
  • ビタミンDが効く
  • 石蓴が新型コロナウィルスにきく
  • トイレットペーパーが無くなる

他にもあると思いますがこういったデマを鵜呑みにしてTwitterで拡散するアホがいたるところにいます。

僕の住む大阪の北摂地域でトイレットペーパーの買い占めはそれほどないように思います。

ホームセンターコーナンなどの人が多く集まる店舗では土日は品切れになっていましたが、今日はもう普通に並んでました。

スポーサードリンク

こんなにも情けない日本人

トイレットペーパを買い占めに走った人にいいたい。

マスクが何で出来ていますかご存知ですか?

仮に知らなかったとしても、このご時世ググれば原材料ぐらいすぐにわかります。

マスクとトイレットペーパーの原材料が全然違うことぐらいはすぐにわかります。

 

一般にマスク(衛生用マスク)と呼ばれるものの素材は、ガーゼまたは不織布が多い。

ガーゼは目の粗い布であるが、その反面、通気性がよい。そのため、それを重ねたものが古くからマスクに用いられてきた。12枚、16枚、18枚、24枚、30枚を重ねたものなどがある。12枚合わせのものは上記衛生管理用マスクとして用いられるが、布であるため繊維がほぐれて飛散することは避けられない。よってクリーンルームなどにおいては用いられず、せいぜい食品加工場などで用いられる程度である。

 

ガーゼは綿素材が多く、不織布はポリエステル繊維などの化繊が多いようです。

で、子どもでも知っていると思いますが、トイレットペーパーやティッシュペーパーは紙。

あなたは大丈夫だと思いますが、これを判断できない日本人ってホントにバカ?

 

僕が引き寄せを伝えている人の中にスポーツ選手の指導員の方や、メンタルコーチもいるんですが、選手の方やクライアントが自分で考える力が無いってよく言います。

他にも教員の友人や、企業の人事方も、最近の若い人は自分で考える力がないってよく言っています。

ただ僕が思うのは、今回のデマからの流れで思うのは、自分で考える力が無いのは若い世代だけじゃない

だいの大人が真偽も分からない情報に踊らされて、周りがみんなそうだからってトイレットペーパー買い占めるという頓珍漢なことをやらかしています。

しかもこのブログを書いてる時点で、次は米や即席麺を買い占めているというニュースもあります。

もう一度言いたいです。

言葉遊びでいいこと書いてるつもりのバカとそれに群がるバカもいる

新型コロナウイルスの影響で自粛、自粛となっているなかで自粛を自祝などとバカな事を書いてる人もいます。

耳心地がいいというか、いい事を書いているつまりなんでしょうが実際は、自分のメソッドと書籍の売込みです。

実際それほど読まれてないしコメントも付いていないので読んでいる方も理解しているんだろうと思います。

他にも免疫を上げる為にこのメソッドがいいみないな、ここぞとばかりに宣伝しまくっている人もいます。

そういったものにも惑わされないように氣をつけたほうがいいでしょう。

 

スポーサードリンク

政府の批判をしているバカ

今回の新型コロナウイルスで政府批判をしているバカを見ていてそんな暇が有ったら自分でできる対策をすればいいと思います。

突然の休校で子供が家にいるので仕事が・・・

TVでインタビューを受けているシングルファーザーの男性を見ておもった一言

この男性の子供の年齢、中学二年生と小学4年生。

留守番ぐらい十分できる年齢なのに、3月2日から休みを取って、パートなので収入が無い。

子供おいて仕事にいけるやろ。

僕自身が感じるTVの報道の姿勢、全国区の番組は軒並み政府を批判。

関西のローカル番組、状況を受け止め自分たちでどう対処していくかを考えて。

この差はいったいと思います。

ここ数日の感染したバカと広げたバカ

高知県と愛媛で女性が感染したと報道がありました。

この二人は友人で、2月15~16日に大阪に旅行して大阪市都島区のライブハウス「Arc」で15日に一緒にコンサートを観覧した。

この会場には、感染が公表されている大阪市の40代男性ら2人もいた。

クルーズ船から下船してスポーツジムに行った男性、しかも市の職員にウソをついていた。

人が密集する場所に行けば感染リスクは高くなるのはわかっているのに自分からそこに行って感染したんだから自業自得とさらに感染を広げる可能性がある事を考えていないバカ

下船したその日にスポーツジムに行くとか正気か?

スポーサードリンク

自分で考え自分で行動しよう

新型コロナウイルスに限った事ではないですが、今の日本人の多くがこういった事態の時に、周りの反応や評価、価値観などそこから外れないように行動しているように思います。

もしあなたもそうした行動をとっていたとして、質問です。

 

あなたはどう考えているの?

あなたの思いや意志は?

 

今回の新型ウイルスの流行は、自分で情報を集め、自分で取捨選択して自分と自分の守るべきものへの責任は自分でとるというためのいいきっかけになると思います。

また、人間の防衛本能なのかもしれませんがネガティブな情報はみんな鵜呑みにするのにポジティブな情報は敬遠しがちだとおもいませんか?

 

凄い沢山の医療に従事している人が感染力は高いがインフルエンザよりも症状は軽い。

死者もたしかにでていますが、高齢者か持病持ちなど免疫力の落ちている人ばかり。

僕の場合は、両親が高齢で父親が持病があるので心配ですが、妻の義両親については、農業をやっていて今もかなり体力があるので心配していません。

両親は、手洗い、うがいは徹底しているので、問題はないだろうと思っています。

 

不安があるのならそこで立ち止まらず何をすればいいかを考え対応すればいいだけの話です。

こういうと、実際何をすればいいかわからないといういうひとがいいます。

TVでも、

  • 手洗いやうがいをしっかりする。
  • 鼻や口などを触らない。
  • 人が密集する場所にいかない

と連日のように伝えています。

それを聞いても何をすれば湧かないのであれば読解力がないとかいうレベルのバカではなく、人の話が理解できないレベルだと思います。

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

引き寄せ力インストールセミナー 受講料 11,000 再受講 無料

開催日 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す