引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

陰口よりも陰ホメでいこう!!

陰口よりも陰ホメでいこう!!

この記事は約 4 分7秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]


スポンサーリンク

陰口や悪口のデメリット

陰口や悪口を言うことで、ストレスを発散しようとする人は意外に多いそうです。

しかし陰口や悪口というのはデメリットしかなく、他人の悪口を言っている人は回り回って損な事になります。

陰口や悪口のデメリットはどんなものでしょう?

  • あなたが言った陰口・悪口のほとんどは、相手に伝わります。
  • 陰口・悪口をよく言う人が信用されることはありません。
  • 陰口・悪口をよく言う人が高く評価されるということはほぼありません。
  • 陰口・悪口をよく言う人は、本人もまた陰口・悪口を言われています。
  • 陰口・悪口をよく言う人は「類は友を呼ぶ」で周囲に陰口・悪口をよく言う人が集まってきます。
  • 陰口・悪口をよく言う人を大好きという人はあまりいません。
  • 陰口・悪口が溢れる職場やクラス、クラブやグループは、その集団そのものがダメになっていきます。

こんな感じで、陰口をいうとロクな事が起こりません。

今の世の中、ネットやSNSなどで、人(有名人や団体なども含みます)の事を繰り返し悪く言う人もいます。

陰口や悪口をを言われたり書かれたりすることで傷ついてる人は少なからずいるという事を忘れないようにしたいものです。


陰口を言われて喜ぶ人はいない

人はみんな好きな人と、嫌いな人(苦手な人)がいると思います。

それはいて当たり前で、いない人の方が少ないのではないでしょうか。

嫌いな人に対して、誰でも一度は陰口を言ったことがあるのではないでしょうか。

経験したことがある人も多いでしょうが、陰口は話も盛り上がって、いつまでも話が出来るくらい話が尽きないものです。

悪口を言えば、氣持ちもスッキリします。

ですが、陰口を言ったからといってプラスになることはありません。

自分の知らない所で悪口を言われるということが分かるとすごく嫌な氣分になってしまいます。

また、その人の見方も変わってきてしまいます。

もし、その悪口を言われている人に聞かれてしまうと、気不味くなってしまいます。

では、プラスにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

陰口の代わりに話をするのに「陰褒め」をしてみてはどうでしょうか。

自分の知らない所で、褒めてくれる人がいることは悪い事ではありません。

褒められているのに嫌がる人もいないと思います。

また、噂で誰から聞いても気持ち的にも悪くありません。

プラスになることも多いです。

陰褒めをしよう

褒められるといい氣分になることが多いと思います。

ですが、褒め方にも限度や決まった褒め方があるのをご存知ですか?

ただ褒めればいいと言うものではないそうです。

例えば、後輩が先輩に対して上から目線で褒めていてらどうでしょうか。

いくら褒められていてもいい気分にはなりません。

このように、どの人を褒めるかによって褒め方を変える必要があります。

かといってわざとらしく褒めると、すぐにばれてしまいます。

では、どの様に褒めればいいのでしょうか。

ポイントは3つあります。

  • 言ってみる
  • 尊敬している、感謝していることなどを褒める
  • 褒めている時に本心を込める

このポイントに注意していれば、上手く褒められるようになるそうですよ。

しかし、無理をして陰褒めをする必要はありません。

無理をして褒めるとわざとらしくなります。

その人のいい所や良かった場所などが見つかった時がきたら、その時に言葉にすればいいのです。

見る目が養われ、笑顔が増える

その人のいい所や良かったところなどを見つけるということを繰り返していると、習慣となり見る目を養うことが出来るようになってきます。

そして、陰褒めが出来るようになると、人の長所だけではなく商品などの見る目なども養われ、プラスになる効果が沢山あるそうです。

長所を見抜くことが出来ると、自然と笑顔が増えるようになってきますよ。


陰口や悪口を言われても氣にすることはない

あなたが陰褒めをするようになったからと言って、あなたの陰口や悪口を言う人が減る事ありますが完全にいなくなるわけではありません。

あなたが陰褒めしてたとしても自分が陰口や悪口を言われたら氣分が良いはずはありません。

そこはやっぱり氣になってしまうと思います。

あなたが陰口や悪口を言われたとしても一番いいのはいちいち反応しないことです。

仏教の創始者であるお釈迦様(仏陀)にある男がさんざん悪口を言ったという話があります。

さんざん罵倒され、悪口を言われてもお釈迦様は、その男に何も反論せずにいました。

そうこうしているうちに男は疲れてしまい悪口が止まった時、お釈迦様が口を開かれこう仰ったそうです。

「もし他人に贈り物をしようとした場合、その相手が受け取らなかった時、その贈り物はいったい誰の物だろうか?」

これどういう意味かというと相手に何かを送った時、相手がそれを受け取らなかったらそれは自分に返ってくるという事です。

つまりあなたが誰かから陰口や悪口を言われたとしても、傷ついたり氣に病んだりすることはありません。

陰口や悪口を真に受けて反論したり文句を言ったり、逆に相手の悪口を言ったりするのは相手の土俵に上がってしまうという事です。

言ってしまえば相手と同じレベルに下がってしまうということになります。

そういう時は相手と距離を置くのが得策です。

先日、活動を休止を発表した【レぺゼン地球】「DJ社長」の言葉にこういうのが有ります。

「悪口や陰口って言われてる方が主役だから」
言っているやつは脇役なんよ。

だって俺の悪口言っとうやつは一生懸命俺のこと調べて、俺のどこが悪いかとか一生懸命悪いことをいっぱい言ってくれるけどさ、
俺からしたら「誰キミ??」みたいなw

「誰が俺の悪口言ってんだろう?」くらい。もう土俵が違いすぎて喧嘩にすらならんわけよ!
喧嘩にすらならないようなヤツがもう陰口とか悪口とかの世界やけん、
だからいっぱい言われてるヤツがかっこいいわけよ。

他にもあの原山こと原山友弘さんのぶろぐにもこういうことばがあります。

私は尖る発言や行動が多いためいろいろと「陰口」は言われているがいちいち気にしていない

本当にクライアントの事だけを考えていたらそれだけで頭がいっぱいになりいちいち「陰口」なんて気にする時間もない

いちいち「陰口」を気にするのは気にする時間があるということ

頭の中に余裕があり暇だから「陰口」を気にする時間があるということ

「陰口」を気にする時間があるなら

「陰ホメ」をする時間にまわそう

そうすると一気に好転しますよ

ぼくはお二人のようなことは言えませんが、陰口や悪口を言われた時は、 誰でもできるメンタルセラピー誰でもできるエレルギーワークを使って揺れた心を平常に戻すようにしています。

陰口や悪口を氣にしないようにするって結構大変です。

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

誰でもできるメンタルセラピー講座 受講料 43,200 再受講 無料

開催日 

 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す