引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

真実に目を向ける

この記事は約 1 分19秒で読むことができす。


個人セッションの詳細を見る

スポンサーリンク

見た目の貧困より思考に意識を向けよう

見た目の病気に囲まれている時に健康を考えたり、
見た目の貧困に囲まれている時に裕福なことを
考えるというのは、非常に困難なことだと
思います。

しかし、前回のブログのように、
思考をコントロール出来るようになれば
運命を乗り越え、欲しいものを手に

入れられるようになると言われています。

引き寄せのでは、思考はコントロールは、
見た目の姿の裏にある基本的な事実に
氣付くことでしか身につかないと
言われています。

この事実というのは、万物は
たった一つの「思考する物質」
から作られているということ
だそうです。

「思考する物質」は、現在では
素粒子が一番近いのではないか
と言われてます。

そして、「思考する物質」
持つすべての思考がカタチを
持つようになるということを
理解する必要があるそうです。

更に、あなたは自分の思考を
その物質に焼きつけることで、
実際にカタチになり
目に見えるモノになるという
事実を理解すことが不可欠
なのだそうです。

このことを認識出来るようになれば
不安や恐れを捨て去ることが
できるとも言われています。

なぜなら、自分が創りたいモノを
創り出すことができるようになり
欲しいものを何でも手にすることが
できるからだと言われています。

つまり、なりたいもなら何にでもなれると
いうことを知っているから、欲しいものを
手に入れることができるということに
なるそうです。

引き寄せには、3つの基本原則があると
言われています。

真実に目を向けるというのは、
この基本原則を信じることが第一歩
だと言われています。

そして、この原則と相反するような
概念を捨てさることも重要なことの
ようです。

 

「思考する物質」・・・
現在の科学において素粒子の存在が
一番酷似しています。

「確実な方法」・・・
引き寄せの法則において登場する
引き寄せるための方法
いろいろなワークがありますが、根本的には、顕在意識と潜在意識の思いを同じにし、自分も周りも豊かになる方向で活動し、すべての物事に感謝の気持ちで接する。その根幹に自己受容ができる必要があると考えらる。

欲しいモノのメンタル・イメージ
あなたの頭の中に創り上げた欲しいモノのカタチなどのイメージ。ただし、必ずしも視覚的イメージである必要はなく聴覚的(音楽のようなもの)などでも可能
頭の中で保持することが困難であれば、写真や文章などアウトプットすることで、維持しやすかったり明確化しやすくなる

関連項目

第4章 豊かになる確実な法則の基本原則

豊かになるための基本原則はあなたが思い描いたとおりに創られるということ
欲しいと思ったものはいつでも創り出せる
思考をコントロールする
真実に目を向ける

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

 

 



個人セッションの詳細を見る

ブロトピ:Tweet

ブロトピ:ブログ更新通知

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す