引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

余計な出費があった時はチャンスかも

余計な出費があった時はチャンスかも

この記事は約 1 分40秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]


スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る

普段から生活していても出費が重なる時や出費がかさむ時、出費が大きい時などお金が出て行く時、急な出費が重なるときあると思います。

余計な出費があった時はあなたはどう思いますか?

今回は引き寄せやスピリチュアル的な観点で出費について考えてみたいと思います。

出費が重なる時や出費がかさむ時、引き寄せの落とし穴がある

出費が重なる時や出費がかさむ時に、落胆することが「引き寄せ」に関して落とし穴になっていることは、多くの人氣付いていません。

なぜ、落とし穴になってしまうのか?

お金が出ていくことに氣持ちが下がってしまうと、無意識(潜在意識)に「自分はお金に余裕がない」と刻み込まれてしまいます。

「引き寄せ」というのは、あなたが潜在意識で思ったことが実現します。

「自分には豊かで幸せなお金が流れてくる」

あなたがそう確信していればどんな状況だとしても「豊かで幸せなお金」はやってきます。

逆に「お金を手に入れることが難しい」

そう思っていると、その通りの現実がやってきます。

まさに「思った通りの人生」になっているわけです。

スポーサードリンク

どうすれば「豊かで幸せなお金が」流れてくる?

出費が重なる時や出費がかさむ時は、実はチャンスなんです。

例えば、コンビニのコーヒーを購入しようと思ったら、故障で買えなかった場合、近くに他のコンビニがなかったので、見つけたサードプレイスのお店(スタバなど)でコーヒーを買うことにしました。

コンビニとサードプレイスのお店ではコーヒーの値段に300円ほどの差があります。

この時に、「あぁ、300円損した」と嫌な氣持ちになると、潜在意識に「お金は嫌なもの」と刻み込んでしまいます。

ではどうすればいいのか?

喜べばいいだけです。

「300円も多く払える自分って素晴らしい」

これだけで十分です。

お金というのは流通することでいずれあなたのところに戻ってきます。

出費を抑えることは、あなたのところに戻ってくるお金を抑えるということにもなります。

ただ、だからと言って無駄遣いして言い訳ではないですよ。

ケチりすぎる必要はないということです。

そして、「引き寄せ」で考えた時、金額の大小で喜んだり、凹んだりするのはあまり得策ではありません。

大きな金額の時も喜びましょう。

お金のやり取りというのは価値の交換、そして、信頼の交換でもあります。

相手に感謝の対価としてお渡しするものですから、喜んで渡したいものですね。

引き寄せ力インストールセミナー 受講料 11,000 再受講 無料

開催日 



この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

“余計な出費があった時はチャンスかも” への1件のフィードバック

  1. 記事を読ませて頂きました。

    3日前に自宅に駐車していた車に運悪く駐車禁止のステッカーを貼られてしまい。
    違反金 15000円…。 悔やみ自分を攻め続け苦しかったですが、心が軽くなりました。ありがとうございます。

コメントを残す