引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

虹の戦士を読んで再び

この記事は約 1 分46秒で読むことができす。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん 公式ブログ]


スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る

集団であるけれど個を忘れない

以前に、虹の戦士を読んでというタイトルで記事を書きました。

  虹の戦士

僕はその書籍に出てくる戦士と呼ばれる人を勇士と呼びたいです。

そして、虹の戦士というのは僕やあなたの心の中に眠っていると言われています。

彼らは、一人一人の個を尊重しあう存在だと言われています。

集団にあっても個を重んじお互いを尊重し合う存在。

和の存在と言えるのではないでしょうか?

論語に

君子は和して同せず、小人は和して同せず

という言葉があります。

意味は、

すぐれた人物は協調はするが、主体性を失わず、むやみに同調したりしない。

つまらない人物はたやすく同調するが、心から親しくなることはないということ。

となります。

虹の戦士というのは論語で言うところの君子のような存在なのだろうと思います。

言葉には、言霊と呼ばれる力が宿ると言われています。

むやみに言葉を変えることは避けた方がいいのかもしれません。

そんな中で、虹の戦士の言葉を変えて使っている人たちを時々見受けます。

その人たちは、自分達が行なっているセミナーに参加しかたたちを虹の戦士の言葉を変えた形で呼び合っています。

言うなれば、高額な金額を払った人たちだけがそれになれるのです。

虹の戦士になるのに資格も何もいらないはずなのに・・・・

その本来の意味からズレた使われ方をしています。

その資格を得た人たちもまるで自分たちは特別だと言わんばかりに高らかにその言葉を使っています。

人は、特別なものに憧れます。また、自分自身が特別になりたいと思うでしょう。

けれど、人はすでに生まれながらに特別な存在であるそうです。

唯一無二の存在です。あなたの代わりはどこにもいないですね。

すでに特別なのだから、特別を目指す必要などないのです。

どちらかといえば平凡を目指しませんか?

スポーサードリンク

平凡の意味を知る

凡の意味に「全体」という意味がありますから、

全てを平らげる。

全てを手に入れるという意味も言葉としては持っています。

全ての才能を持っている人物のことを本来は平凡というのかもしれません。

ただ、問題はその才能が低いレベルで全てを手に入れるのか、それとも高いレベルで手に入れるのか?ということになってくると思います。

できれば高いレベルで手に入れたいですね。

そのためには、何か一つの才能で秀でてそこのレベルに他のレベルを合わせるようにするのが一番いいそうです。

また、その時自分だけが高いレベルでの平凡になるのではなく、

周りの人たちを自分のレベルにまで押し上げることで自分が埋もれ平らにできる人のことを徳が高い人というそうです。

 

 

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 


 

 



ブロトピ:Tweet

ブロトピ:ブログ更新通知

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す