引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

引き寄せから惹きよせへ

この記事は約 1 分55秒で読むことができす。

 引き寄せの真実

あなたは、いつも何かを引き寄せています。

例えば、今このブログを読んでいる事も立派な引き寄せです。

引き寄せというのは、何も特別なことはありません。

そして、引き寄せは惹き寄せでもあるんです。

あなたの潜在意識が普段から何かに惹き寄せられて、あなたの目の前に現実として現れます。

例えば、欲しい車があったとしたら、あなたはその車に惹きつけられているんです。

欲しい、やりたいと思うことは、全てあなたが欲しいもの、やりたいモノに心を惹きつけられているから起きている現象です。

しかし、あなたが惹きつけられているだけでは、引き寄せは起きないしあなたがそれらを手にすることはありません。

スポーサードリンク

相手が惹かれてない

人であっても、動物であっても、モノであっても、あなたの心が惹かれた時、相手もあなたに惹かれなければあなたのものにはやってきません。

お互いに惹かれ合うから人同士な恋人や人生の伴侶になるわけですし、モノであればあなたが手にする事ができるのです。

あなたは相手に惹かれる魅力的な人にならなければ、得ることはできないのです。

けど、普通に食べ物とか欲しいものはある程度、手に入るけど・・・

確かにその通りです。しかし、ある程度の価値のものになってくるとどうでしょうか?

例えば、高性能なパソコン、高級な車といったものアイドルの彼女になる(もしくは彼氏になる)の場合、あなたが惹かれたとしても中々手に入りませんよね。

相手があなたに惹かれていないければ、手にすること、叶うことはありません。

お互いに惹かれあって初めて手にする事ができるのです。

では、相手からあなたが惹かれる人になるためにはどうすればいいのでしょうか?

魅力的な人物になる。

それは、あなたが魅力的な人物になる事です。

魅力的なといっても色々あると思います。容姿や性格、礼儀や知識、色々な事が出てきます。

そんな中でも特に重要なことは徳を積むということではないかと僕は思います。

論語などで徳は

  • 仁 (思いやりの心)
  • 義 (人間としての正しいすじ道)
  • 礼 (他の人に敬意を示す作法)
  • 勇 (決断力)
  • 智 (洞察力、物ごとを判断する働き)
  • 謙 (謙虚、つつましくひかえめ)
  • 信 (うそをつかない約束を守る)
  • 忠 (まごころ)
  • 寛 (寛容、心が広く人のあやまちを受け入れる)

九つに分類されるそうです。

そして、九つの徳を積むことであなたは魅力的な人物になっていけます。

もう一つ、徳積みの他にあなたの魅力を上げる方法があります。それは自己受容することです。

これらをすることであなたの魅力が上がれば、惹きつける力は上がって行きます。言い換えれば向こうからやってくるのです。

また、その時にあなた自身が今ここにある幸せを感じる事ができたらさらにあなたの惹き寄せ力は上がることになります。

もっと、魅力的な人になってくださいね

 

最後までお読みいただきありがとうございます

感謝感謝

 

 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

コメントを残す