引き寄せ実践塾

引き寄せ実践塾は、今まで、引き寄せ関連の書籍を読んでも、セミナーに参加しても引き寄せが起きなかった方に本当に引き寄せるために何を考え、どう実践していくかをお伝えし、引き寄せが起こせる習慣を身につけていただく場です。

倍返しだ!ってやってると心身が不調になるかもしれません。

倍返しだ!ってやってると心身が不調になるかもしれません。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

[アイキャッチ:TBSドラマ 半沢直樹より]

スポンサーリンク

個人セッションの詳細を見る

スポンサードリンク

あなたのありがとうの一言はすごいパワーを持っている

どうせ無理できなかったらどうしようというような負(マイナス)の思い込みを解放して、引き寄せを加速させるお手伝いを日々させていただいています。

ありがたいことに多くの人から嬉しいご感想やワクワクする願いをたくさんいただいています。

そうしたメッセージを読ませていただけるだけでうれしくなります。

嬉しい話やワクワクする話を聞いたり読んだりしているとあなたも同じようにうれしくなってきませんか?

また褒めていただけるとなおさら嬉しくなってくると思います。

マズローの5段階欲求にもでてくる承認欲求の先の自己実現を超えた先にあるといわれる他己実現や世界平和のために活動している人であったとしても、誰かも感謝の意がなければ、エネルギーを維持するのにはかなりの労力を必要とします。

逆の言い方をすれば、あなたが誰かにありがとうと一言伝えることがとてつもないパワーになっているということです。

スポンサードリンク

負の言葉を誰かに向ければ倍返しであなたに戻ってくる

あなたのありがとうにはものすごいパワーがあるのと同様に、負の言葉にもものすごいパワーがあります。

だたこちらのパワーは破壊の力です。

わかりやすい例でいえば、今の僕ぐらいの40代の人が口にし始める「おっさんになってきた」や「老けてきた」というような言葉。

自虐や謙遜のつもりで発しているかもしれませんが、その言葉があなたの体をどんどん蝕んでいきます。

これは、他人への陰口や今のあなたの置かれている状況(○○がない、健康ではない)というようなことも含まれます。

僕がサラリーマンだったころ、とある会社の役員の方は仕事では絶対に使わないと決めている言葉がありました。

それは不景気景気が悪いという言葉です。

代わりに使っていたのが「今こういう時期だから」でした。

今はその方とお会いすることはありませんがおそらく、現在のコロナ禍についても「今は大変な時期」というような表現をするのではと思います。

何が言いたいのかというと、言葉というの悪い言葉もいい言葉もはかならずあなたにブーメランのように返ってきます。

しかも発した以上のエネルギーを持っています。

負の感情や言葉を自分の中で思い浮かべることそのものは悪い言葉ではないのですが、声に出した時、エネルギーとして力を持ってしまうので思っても口にしない、思ってもSNSに投稿しないようにしたほうが賢明です。

あなた自身を含めて誰かの耳や目に言葉のエネルギーを入れるならいい言葉や表現を使うことをお勧めします。

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 

引き寄せ力インストールセミナー 受講料 11,000 再受講 無料

開催日 

 

この記事を書いている人

日吉 秀樹
数年前にウツになり、「自分なんて」と思い自暴自棄になるも、メンタルセラピーに出会い心のブレーキを開放することを体感し僅か1日ウツを克服。 自身もセラピスト、そしてインストラクターとなり「自分を責めてしまう」「自分嫌い」「辛くなるほど苦しい」「夢が見えない」そんな心のブレーキを開放し本来の自分を取り戻すための後押しをしています。 現在までにのべ5,000人の方にセッションをさせていただき心のブレーキを開放し夢の後押しをしてきました。 現在は、誰でもできる手法を発見し、一人でも多くの人に伝わるよう活動中 【セッション実績例】 5年間成績がワースト1位の営業マンがたった1ヶ月でトップ営業になり、更にトップを1年間キープする。 内気なサッカー少年が、サッカークラブのセレクションに見事合格さらに優秀選手賞をとるまでなる。その後私立中学を入試ギリギリに希望するも見事合格。 恋人に裏切られ男性恐怖症になった女性がうつ・パニック症を克服、その後、年収1000万円を超える彼氏が出来るまでになる。 更にセッションだけでなく自分自身で心のブレーキを外しさらに人生を加速させたい方と自分の周りもハッピーにしたい人の為に誰でもできるエネルギーワークやメンタルセラピー、引き寄せ力インストールセミナーを開催しています。

関連記事

コメントを残す