アメブロ アクセス数を水増してまでランキングの上位を取って楽しいですか?

この記事の所要時間 約 647

この記事は、コーチングやメンタルセラピー、ヒーラーというお仕事をされている方を対象に書いています。

それを前提として読み進めてください。

偽りのランキング上位で楽しいですか?

WordPressに移行する以前、まだアメブロでブログを書いていた頃に僕自身のトラフィックエクスチェンジなどを使用してランキングを上げていたことがあります。

その時に感じたことが虚しいでした。

僕の本業はメンタルセラピスト、引き寄せ研究家です。

そうしたなかでランキングの上の方に見せかけるという行為がセッションに来てくださる方に対して失礼なように感じました。

クライアントの中にはアメブロで上位を取っているという事でセッションを受けてくださる方もいました。

しかしその順位はトラフィックエクスチェンジによる偽りの物です。

なんとも情けない氣分でした。

なので僕はアメブロからWordpressに移行しました。

そうしたランキングなどの煩わしさから解放されたかったからです。

今回は、アメブロのランキングがトラフィックエクスチェンジなどのお陰で、純粋なランキングではないという話です。


アクセス数を増やすサービストラフィックエクスチェンジ

あなたは、トラフィックエクスチェンジというサービスをご存知ですか?

簡単にいうなら互いのサイトを閲覧しあってアクセスアップしましょうという事です。

ただこのサービス、手動で閲覧するわけではなく、パソコンをつけっぱなしにしておけば自動で色々なサイトを勝手に閲覧してくれます。

そしてあなたが閲覧した分だけ他のユーザーさんが閲覧しにきてくれるというしくみで、アクセスアップだけを考えると簡単に大量のアクセスを集められます。

それはすごいともしあなたが思ったとしたら、ちょっと待ってください。

パソコンが自動で閲覧しているだけなので、本当に記事をよんでくれる人が増えるわけじゃありません。

アメブロでトラフィックエクスチェンジでアクセス数を増やすのは危険

アメブロを使用していて、トラフィックエクスチェンジでアクセス数を増やすのは非常にリスクをともないます。

ブログの削除というリスク

トラフィックエクスチェンジを使うと、いままでなかなかアクセスが集まらなかったあなたのブログに一瞬で大量のアクセスを一瞬であつめることができあます。

ただ、そうなった場合、当然のことですが、アメブロのサーバーに急激な負荷がかかります。

最悪の場合はサーバーがダウンするというようなことが有り得るかもしれません。

そんなことをするユーザーをアメブロの運営会社が放っておくわけがありません。

そうなればブログを削除されるということもありえます。


ランキングの参加が不可になるというリスク

アメブロのランキングは、アクセス数を基準としているため、いきなりアクセス数が増加するのは安易で好ましくないということでランキング参加不可の扱いを受ける場合もあります。

以前に、僕の知人が急激なアクセスアップによって、ランキングから外されたことがあります。

ランキングが一気に下がる

これは僕自身が実験してみてわかった事ですが、アメブロのアクセス解析とランキングのジャンルが変ったころから、トラフィックエクスチェンジによる急激なアクセスアップをするとランキングが一気に下がります。

参加しているランキングによるので一概にはいえませんが、恐らく最下位ぐらいまで落ちるのではないでしょうか?

ただそれでもアクセスが0のブログよりは上なようです。

因みにはっきりとした数字はわかりませんが、9800アクセス前後と思われます。


本当のアクセス数が分らなくなる

当たり前の話ですが、トラフィックエクスチェンジも本当のアクセスも同じアクセスです。

トラフィックエクスチェンジを使用すると、本当にあなたのブログを読みにきてくださっている人のアクセス数が分らなくなってしまいます。

本当にあなたのブログを読んでくださっている人に対して申し訳がないと思いませんか?

ウィルス感染

これはアメブロでといういうようりもトラフィックエクスチェンジを使用した場合に有り得るリスクです。

トラフィックエクスチェンジでは、ウイルス感染しているサイトもまじっていることがありす。

なのであなたのPCにウイルス感染のリスクを伴います。

もし試してみようと実際に行う際は、ウイルス対策ソフトをインストールしてから行ってください。


トラフィックエクスチェンジを使用しているアメブロユーザー

僕自身がトラフィックエクスチェンジの自動閲覧のなかで見つけたアメブロのユーザーここに上げておきます。

もしあなたがよく読んでいるブロガーがいるかもしれません。