ブログ記事の本文をコピー禁止にしても意味がない

この記事の所要時間 約 551

まず前提として、この記事はコピーできる事を推奨しているわけではありません。

転載、盗用を完全に防ぐ手段はなく、コピー禁止にしても安心できないということをお伝えするために今回の記事を書いています。

記事のコピーを禁止する方法

まずコピー禁止の記事をコピーする方法を話をする前に、ブログの記事のコピーを禁止する方法から説明したいと思います。

方法は色々ありますが、出来る限り簡単な方法を説明したいと思います。

HTMLファイルの場合

全ての基本となるHTMLファイルでコピーを禁止するにはbodyタグを次のように修正するだけです。

コピーを禁止する方法

これだけでコピーをしようとすると、ポップアップでコピー禁止です!という表示が出ます。

文言は自由に書けます。

ただこれだと読み手に不快な思いをさせる場合があるので、お勧めは出来ません。

なので次のように修正します。

こうするとポップアップ表示はされずコピーだけできなくなります。


右クリックを禁止する方法

次は右クリックを禁止にしてコピーを防ぐ方法です。

こうすることで右クリックをできなくすることができます。

ただこの方法だとショートカットキー(win:Ctrl + C Mac: ⌘ + C )でのコピーが可能です。


WordPressの場合

HTMLとWordpressの知識がそこそこあれば子テーマを使ってHTMLを編集するという方法で対応できます。

ただそこまで知識がないという場合は、プラグインのWP-CopyProtectを使うことをお奨めします。

プラグインのインストールの仕方はWordPressプラグインのインストールと停止・削除・更新の方法をお読みください。

WP-CopyProtectがおすすめな理由

コピー防止のプラグインはいくつかありますがWP-CopyProtectをなぜすすめるかというと

  • 「管理者を除外」が無料で設定できる
  • 設定が簡単

この2点です。

管理者を除外というのは文字通りブログ管理者のあなたはコピー禁止の対象から外れるので、コピーすることができます。

他のコピー防止プラグインではこの機能が有料だったり、そもそもなかったりしています。

詳しい設定を個々で書くとそれだけで1記事出来てしまうので後日また記事を書きます。

アメブロの場合

あなたがアメブロを使いの場合でも、コピーを禁止にすることはできます。

方法はフリープラグインにHTMLファイルの場合でお伝えしたコードを、

記入するだけです。


ブログ記事の本文をコピー禁止にしても意味がない理由

これでコピーを禁止にしたので一安心と思われるかもしれません。

しかしこれらの方法をいくら駆使してもあなたの記事は簡単にコピーされてしまいます。

なぜなら、どれだけいろいろな事を駆使したとしてもあなたの記事がブラウザ(google chromeやFireFox,Internet explorer,safariなど)を通して閲覧されます。

そしてブラウザにはソースを表示するという機能があります。

ソースというのはあなたの記事の本来の姿です。

上記のようなHTMLタグの状態をブラウザで表示することができます。

この表示の文章をコピーすれば簡単にコピーできてしまいます。

そしてコピーされた内容をブログに貼り付ければ出来てしまいます。

この記事を読んでいるあなたはこう思うかもしれません。

自分のブログは右クリックもショートカットキーも全部使えなくしているから大丈夫。

はい、読み手の事を考えなただユーザビリティの悪いブログを作っている自己満足のアホブログです。

なせなら右クリックもショートカットキーを禁止にしても

google chromeのURL欄に以下の記述を入力するだけでソースは見れてしまいます。

view-source:ソースを見たいURL

たったこれだけの記述であなたのブログのソースは見られます。

自分の記事がパクられる事より読み手の利便性を考える

たしかに心血注いで書いた記事が丸パクリされたら辛いことはあります。

ただあなたの記事をコピーするとき読み手は言葉の意味を調べたりするためにコピペをすることがあります。

また、あなたのブログの言い分を引用するためにコピーする場合もあります。

また最近は丸パクリした後にリライトして近い文章に修正する輩も増えています。

僕自身も記事を丸パクリされてさらに内容を薄められた記事をアップされたことが何度かあります。

もうそうなったら防ぎようがありません。

それよりも大事なのはいい記事をたくさん書いて、読み手に読んでよかったと思っていただくことです。

また、あなたの記事が丸パクリされるという事はそれだけいい記事を書いているという事です。

 

最後までお読みただきありがとうございます。

今回の記事があなたのお役にたったら幸いです。