AmazonFlexにかかる初期費用や経費はどれぐらい

AmazonFlexの謳い文句の嘘・ほんと

Amazonフレックスでは、働く時間を自分で自由に決めることができ、配達の仕事を通じて報酬を受け取ることもできます。

というのが謳い文句ですが、実際に稼働してみると稼ぐためにはかなりの時間をとられるので働く時間を自由に決められるわけではありません。

働く時間を自由に決められると聞けば好きな時に少しだけ仕事してみたいな感じを想像すると思います。

実際はAmazonフレックス側からのオファーという形で仕事が入ってくるので自分で時間を自由に選べるわけではありません。

決められた時間をするかしないかを自由に選べるだけです。

夕方少しだけ働くみたいなことや土日だけ働くということはできますが自由度は少な目です。

またオファーも争奪戦のようなものでオファーが出てからすぐに取得しないと取れないこともあります。

スポーサードリンク

月収40万円程度の嘘・ほんと

月収が40万円ほど稼げるというのがAmazonフレックスの謳い文句の一つです。

実際はというとこれは月収ではなく月商と捉えるほうが僕はいいように思います。

まずAmazonフレックスは雇用ではなく個人事業主としての契約ということです。

支払われるのは給与ではなく売上金ということです。

なので報酬には消費税が含まれています。

税込み40万円の売上ということになります。

これを税抜き計算に換算しなおすと実際は36万円が売り上げになります。

さらに必要な経費は自腹なのでそこからガソリン代や駐車場代、オイル交換費用、任意保険代、自動車税など諸経費を差っ引いた金額が本当のあなたの収入ということになります。

ざっくり計算すると10万円ぐらい総額で経費で飛んでいくとと思っていたほうがいいように思います。

税金のためにお金をプールしておく必要もあります。

実際にかかる経費はどれくらい

僕自身の稼働による実体験の経費をお伝えします。

まずかかる経費というのは、

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 任意保険代
  • オイル交換などのメンテナンス代
  • スマホの料金

という感じです。

ガソリン代

まずガソリン代ですが走行距離や選んでいるステーションなどによって変わってくるので一概に言えないですが僕の場合は2日に1回のペースで給油をしていました。

1回あたりの費用が3000円~3500円でしたので月にすると4万5千円ぐらいかかっています。

過去の別の記事などで月3万ぐらいって書いてましたがそれぐらいに抑えられる人もいるかもしれませんがYouTubeやTwitterを見てても大体稼いでる人は4万を超えています。

スポーサードリンク

駐車場代

これは地域によって格差があると思っています。

僕の住んでいる地域は1万4千円です。

場合によっては2万円を超える地域があるかもしれません。

任意保険代

これも契約や保険会社によって異なります。

僕の場合は1万8千円ぐらいです。

スポーサードリンク

オイル交換などのメンテナンス代

ほぼオイル交換の費用ですが、走行距離によるので一概に言えませんがほぼ毎月かかります。

そこそこのオイルは選ばないといけないと思うので月3500円ぐらいはかかっています。

古い情報に半年に1回6000円程度とか書いているサイトがありますがオイル交換は5000Kmぐらいがめやすなので配送の仕事の場合1日100Kmを超えることもあります。

そう考えると5000Kmなどあっという間です。さらに2回に一回エレメントの交換も必要になってくるので結構費用がかさみます。

車のリース・レンタル代

僕は中古車を購入したのでこの部分の費用は掛かっていませんがレンタルやリースで仕事をする場合は月々3万円はかかります。

スポーサードリンク

スマホの料金

仕事中はスマホをナビにほぼつけっぱなし、通信しっぱなしになるので通信料がかかります。

無制限プランにしておく方がいいでしょう。

僕はこの辺が無頓着なので結構かかっていて一月に1万6000円ぐらいかかってます。

 

僕の場合は車を中古で購入したのでリース料はかかっていませんがそれでもざっくり計算すると10万円はかかっています。

車をリースして、駐車場代が高い地域だ度と月に15万円ぐらいはかかるかもしれません。

スポーサードリンク

経費がかさむのから二の足を踏むのは間違い

あなたがもしこれからAmazonFlexを始めようと検討していて思ったより経費がかさむから稼げないと思うのは早計です。

まずこれらの経費というのは当然ながら確定申告の時に税金の控除対象となります。

さらに自宅を事務所として一部使うことになるようなものなので光熱費の一部も経費として認めらます。

今までサラリーマンではたらいていて生活費として支払っていたお金の一部も経費として使えるようになります。

そうするとどうなるのかというと税金や健康保険料が安くなります。

今までは単なる支出だったものが経費として認められて収入から差し引かれるので税金や健康保険料が安くなります。

自由に働けるというのはちょっと違う

AmazonFlexを実際に稼働してみて僕が感じたのは自由に働けるというのは少し違うと思いました。

副業の場合はそうかもと思えますが、これで生計を立てるとなると雇われているのと同じだなと思えました。

その上経費は自分持ちという悪い個人事業主の働き方の見本だと僕は感じました。

スポーサードリンク

AmazonFlexからUberEatsの配達員に仕事を変えた

僕自身はAmazonFlexで稼働して月に40万円以上売上ましたが、もともとデスクワークしかしたことがなかったのとプライムデイの配達と重なったタイミングもあってひざを痛め仕事を辞めざるを得なくなりました。

軽貨物なので1個1個の荷物は確かに15kgぐらいですが、プライムデイの時に総重量60kg越えの荷物をエレベータなしの四階まで運ぶというよなことがあって完全に膝を痛めてしまいました。

そこから2週間ほど仕事が出来なくなりました。

このままではいずれアカウント停止になると思ってたらアカウント停止になってしまい。AmazonFlexでは働けなくなりました。

そこから次の仕事としてUberEatsの配達員として登録して現在は稼働いています。

UberEatsに変えてから思ったのは稼働時間は少し長くなりますがAmazonフレックスよりも楽で同じぐらい稼げるということ、Amazonフレックスよりも自由に働けるといういことです。

僕思う自由に働けるはむしろUberEatsの方だと思います。

その日その日に仕事が取れるかという不安は残りますが仕事が全くないということは今のところなく1日の売上も18000円(約30件弱の配達)ぐらいならそれほど辛くはありません。

更に今は現金の支払いの注文も受け付けているので入金のサイクルが早く、支払いのサイクルが遅いという商売をするうえで一番いい流れになっています。

まとめ

Amazonフレックスは謳い文句ほどはよくなかったというのが僕の印象。

ただそれは僕に実力がなかっただけの話で稼げる人は稼げると思います。

入ったステーションがよくなかったというのも少し感じています関西の某A埼ステーションに結構偉そうにしている緑ベストがいます。

僕はその人に結構嫌味を言われ続けていました。

デスクワークしかしてこなかったり運動不足の人は気を付けたほうがいいです。

UberEatsに変えてからそれらのストレスがなくなりました。

配送のギグワークは向き不向きがあるので見極めを気を付けましょう

本業・副業どちらにしても個人事業主という自覚は絶対に必要です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事があなたの役に立てば幸いです。

感謝感謝