10分で完了 Google Search Console(サチコ)の登録手順と初期設定

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

[アイキャッチモデル: 茜さやさん]

この記事で伝えたいこと
  • WordPressで作ったブログをGoogleSearchConsoleに登録する手順
  • XMLサイトマップをGoogleSearchConsoleに登録する手順

このブログは基本的に、メンタルセラピストやスピリチュアル系を仕事にしたい方で、ブログを書いている方でITが苦手な方を対象にしています。

アメブロからWordpressに移行した時に忘れてはいけないことの一つにサチコことGoogle Search Console(サーチコンソール)への登録です。

この登録をしていないために、Googleで検索されない→アクセスが増えない→お客が増えないという悲しい道をたどってしまう場合があります。

WordPressをGoogle Search Consoleに登録することはそれほど難しいものではありません。

登録作業自体は10分程度終わります。

今回は、Google Search Consoleの登録手順をお伝えします。

アメブロをGoogle Search Consoleに登録する方法についてはこちらをご覧ください

WordPressをGoogle Search Consoleに登録する手順

WordPressをサーチコンソールに登録する手順たった2つだけです。

Google Search Consoleに登録する手順
  • プラグイン:google xml sitemapsを設定する。
  • Google Search Consoleにドメインプロパティの連携と所有者権の確認

作業としては10分程度で完了します。

プラグイン:google xml sitemapsを設定

プラグイン google xml sitemapsのインストール、設定についてはGoogle XML Sitemapsプラグインを導入するを参考にしてください。

設定が完了してもgoogle xml sitemapsの画面はそのまま閉じないでください。

Google Search Consoleの登録後の初期設定で使用します。


Google Search Consoleのドメインプロパティの連携と所有者権の確認

まずはGoogle Search Consoleにアクセスして、ドメインプロパティに登録するドメイン名を入力します。

※Gmailのアカウントを思い地でない場合は、まずはGmailを取得しましょう。

ドメイン名というのはあなたのブログのURLのhttp://やhttps://をとったものです。

例 http://example.comの場合、ドメイン名はexample.comのみです。

ドメインを入力して続行をクリックすると連結するサイトの所有権確認情報が出てきます。

下図の赤い資格のコードをコピーしてください。

DNSレコードによる所有権確認が必要になるので、あなたがお使いのレンタルサーバーのDNSレコード設定でTXTレコードを追加する必要があります。

難しそうに感じますが、手順は単なるコピぺなので身構えないようにしましょう。

僕の場合はWADAXというところ借りているのでWADAXでのやり方になりますが、どのレンタルサーバーでもやり方はだいたい同じです。

管理画面でDNS設定をクリックします。

レコードを追加します。

レコードタイプをTXTに変更し、TXTレコードの欄にGoogle Search Consoleでコピーしたコードを張り付けて[OK]をクリックします。

これで、ドメインプロパティで登録時に必要なDNSレコードによる所有権設定は完了になります。

この確認方法の欠点が確認が完了するまでに少し時間がかかります。

なので、Google Search Consoleで所有権の確認が出来ませんでしたと表示されてもあわてないでください。

僕が登録した時はDNSレコードの設定から5分ほどかかりました。

現在はもっと早いと思います。

レンタルサーバーによってはDNSレコードの確認に1時間ぐらいかかる場合もあるそうなので、10分ぐらいが1つの目安として考えておくといいと思います。

所有権の確認方法に間違いはないので、時間さえ立てば問題ありません。

これでWordpressをGoogle Search Consoleに登録する手順は完了になります。


WordPressをGoogle Search Consoleに登録した後の初期設定

あなたのブログが無事にGoogle Search Consoleに登録出来たら、次はGoogle Search Consoleの初期設定ともいえるサイトマップを生成します。

上記で画面を閉じないように説明していたあなたのブログに導入したプラグイン google xml sitemapsの画面を表示します。

赤枠で囲っているURLをコピーします。

次にGoogle Search Consoleの設定画面左側のサイトマップをクリックします。

新しいサイトマップの追加の欄にコピーしたURLを張り付けて送信をクリックします。

これでサイトマップの生成は完了です。

これでWordpressをGoogle Search Consoleに登録する手順は完了です。

今回の記事があなたの役に立ったなら幸いです。

質問疑問ございましたらコメント欄へお願いします。

関連記事


 

WordPress関連記事

設定・インストール

トラブルシューティング

動作環境・リリース情報

アメブロ関連記事

設定編

技術編

集客編